20世紀最重要のスパイ『コードネーム エンジェル』映画レビュー

映画の視聴レビューを英語と日本語で。今回は『コードネーム エンジェル』(原題”The Angel”、2018年9月よりNetflixで配信開始)。1970年代の第四次中東戦争(The Yom Kippur WarまたはThe October War)に絡んだエジプト政府高官スパイのお話。

♠あらすじ(Netflixから転載)

元エジプト大統領ナセルの義理の息子で、ナセルの後継者アンワル・サダトの特別顧問を務めるアシュラフ・マルワンという男が、同時にイスラエル諜報特務庁の20世紀で最も重要な工作員だったという実際の事件を描きます。

Source: Netflix Media Center(日本語英語

続きを読む: “20世紀最重要のスパイ『コードネーム エンジェル』映画レビュー”

映画好き vs. 映画評論家好き

とあるサイト上で、映画評論家・町山智浩氏について、信者 vs. アンチ派でバトルしているのを見かけた。
どちらも盲信タイプの人種のようで、申し訳ないが「くだらない」と思ってしまったので、その雑感をメモっておこう。

世の中には、以下の3つを切り分けて考えることができない人々というのもいるらしい。

  • (A) 評論の対象となっている作品そのもの
  • (B) 評論解説の内容
  • (C) 評論家個人のパーソナリティや思想・信条

続きを読む: “映画好き vs. 映画評論家好き”