イメージソングがおかしい

平野ノラという女性芸人がいる。1980年代のバブリーなカルチャーを懐古するネタでヒットしている。

ただ、この懐古主義というのは、平野ノラのブレイクよりもずっと前からあった。それは、テレビ番組にちらっと使われる挿入歌(主に洋楽)だ。

たぶん選曲した人が昔聞いていて、気に入っていたので、テレビ番組に使っているのだろう。当時、好きな人とドライブデートでもした時にBGMにでもしていたのだろうか。音楽と思い出というのは、シンクロしやすい。

でーもーね。ちょっと待って下さいよ。その選曲、おかしいでしょ?とツッコミ入れたくなることがたまにあるのだ。メロディーは素敵だけど、歌詞が全くマッチしていないのだ。

全く役に立たないけど、どうしても備忘録として残しておきたくなったので、書き留めておこう。

続きを読む: “イメージソングがおかしい”