TVのミニシリーズが充実

TVドラマ成功の定石と言えば、アメリカドラマ(アメドラ)型がこれまでの主流だった。

  • 1シーズンあたり20話以上
  • 1話完結型で週1放送
  • ヒットすれば、最低でも100話(シーズン5以上)製作を目指す

ところが近年、この定石が崩れているように感じる。その背景・理由を考察してみた。


♣目次

  1. ミニシリーズが躍進中
  2. ミニシリーズにはどんなタイプがあるの?

続きを読む: “TVのミニシリーズが充実”

The Crownが期待外れ

アカデミー賞やエミー賞の前哨戦として位置づけられている、ゴールデングローブ賞(GG賞)。

2017年1月のGG賞の結果は、La La Landが7部門で受賞と圧勝だった。

私が契約しているNetflixからは、The Crown(エリザベス女王の自伝的歴史ドラマ)が受賞。前評判も良かったので、遅ればせながらThe Crownを観てみたよ。

結論から言うと、うーん、そこまででもないな。ごめんね。

世間の評価とはちょっと違った角度で、The Crownを解説してみよう。

♣目次


  1. どんなドラマなの?(ネタバレなし)
  2. どんな特徴なの?
  3. どんな視聴者に合う/合わないの?

続きを読む: “The Crownが期待外れ”

イメージソングがおかしい

平野ノラという女性芸人がいる。1980年代のバブリーなカルチャーを懐古するネタでヒットしている。

ただ、この懐古主義というのは、平野ノラのブレイクよりもずっと前からあった。それは、テレビ番組にちらっと使われる挿入歌(主に洋楽)だ。

たぶん選曲した人が昔聞いていて、気に入っていたので、テレビ番組に使っているのだろう。当時、好きな人とドライブデートでもした時にBGMにでもしていたのだろうか。音楽と思い出というのは、シンクロしやすい。

でーもーね。ちょっと待って下さいよ。その選曲、おかしいでしょ?とツッコミ入れたくなることがたまにあるのだ。メロディーは素敵だけど、歌詞が全くマッチしていないのだ。

全く役に立たないけど、どうしても備忘録として残しておきたくなったので、書き留めておこう。

続きを読む: “イメージソングがおかしい”

画像で損したサンズ・オブ・アナーキー

この画像1枚を見て、「バイク・ギャングのメンバーの物語」とだけ説明されたら、どんなTVドラマの内容だと想像する?

  • 暴力シーンだらけ
  • 男臭い主人公だらけ
  • セリフよりもアクション中心
  • 何話も連続して視聴すると、精神が病んできそう

これが私が勝手に抱いたイメージ。なので、Netflix上で配信されてから半年以上も経過しているのに、ずっと視聴せずに放置してた。

で、結論を言ってしまうと、

これは女子でも楽しめる社会の縮図ドラマ

続きを読む: “画像で損したサンズ・オブ・アナーキー”

ションダ・ドラマは損だ

おやじギャグをたまには言ってみたかったのだ 🙂

以下、ドラマのネタバレは一切含まれないので、安心を。

ションダ・ライムズ(Shonda Rhimes)と言えば、『グレイズ・アナトミー』や『スキャンダル』といったヒットドラマの製作者だ。

ションダ製作で2014年から放送しているのが『How to Get Away with Murder』(邦題: 殺人を無罪にする方法)というドラマ。2016年時点でシーズン3を放送しているが、私はそろそろ打ち切りになるのではないかと思っている。

♣目次


  1. ションダ・ライムズって、えらいの?
  2. ションダ・ドラマってどんな作風?
  3. HTGAWMがイマイチな理由
  4. 週1テレビとSVODの違い
  5. まとめ

続きを読む: “ションダ・ドラマは損だ”

小説のジャンル(ハードボイルド編)

頻出単語なのに、意外とハードボイルドの定義って曖昧。英語はHard Boiledなので、固ゆでたまご?? いやギャクじゃなくて、あながち間違ってもいません。

出典: ブログ35deFA 「【私見】ハードボイルド論とオススメの小説 ~ハードボイルドとは?~【書介】

他人の解説を取り上げておいて、最初からケチつけるのは申し訳ないけど、もうちょっとブログのタイトル名を短くしてくんないかなー。せっかく、すごく深いところまで突っ込んで、ハードボイルド小説について解説してくれてるのに、もったいない。

まぁ、いいや。ブログの要素だけ備忘録のためにまとめ。

♣目次

  1. 主人公のキャラ設定
  2. ハードボイルドの語源
  3. 文体
  4. 代表的なハードボイルド小説家
  5. ハードボイルドの歴史

続きを読む: “小説のジャンル(ハードボイルド編)”

Netflixあれこれ(補足情報)

完全に私的なメモなので、一般ユーザーの方は本編記事のみご参照を。

Netflix上のユーザーレビュー(口コミ)投稿が秀逸だと感じる。セミプロっぽい文章もちらほら。

ただし、どうしても馴染めないレビューのジャンルがある。それは、アメリカンコミックス(アメコミ)。

目次

  1. Netflixのレビューが優秀だと思うワケ
  2. 優秀だと思ったレビュー抜粋
  3. アメコミのレビューが苦手なワケ

続きを読む: “Netflixあれこれ(補足情報)”