安田純平氏の本質はジャーナリストではなくYouTuber風?

武装勢力による3年強の拘束を経て、ようやく2018年10月に解放された安田純平氏。

世間では、「自己責任論」を巡って賛否両論の事態となっている。

ところがどっこい。誰も

安田純平氏はそもそもジャーナリストなのか?

について語っていないように感じるので、調べてみた。というのも、安田氏を擁護する方々の多くが、「ジャーナリストがいるからこそ、一般市民の知る権利が保障され、民主主義が保たれている」と主張するからだ。

でも、安田純平氏がこれまで、報道にどのように寄与してきたのかという、アウトプットがほとんど見えてこない不思議。

続きを読む: “安田純平氏の本質はジャーナリストではなくYouTuber風?”

あなたが日本の首相なら従軍慰安婦問題、どうやって解決する?

2018年1月、韓国政府が日本政府に対し、いわゆる慰安婦問題の合意を一部取り消すような声明を発表した。このことをニュースで知った人も多いだろう。

一歩踏み込んで、

もしあなたが日本の首相なら、どうやって解決するか?

を考えてみてほしい。
albert-einstein-life-quotes

If I had an hour to solve a problem, I’d spend 55 minutes thinking about the problem and 5 minutes thinking about solutions.

もし問題解決に1時間使えるとしたら、私は55分をその問題の考察に当て、残り5分で解決策を策定する。

この格言は一説によるとアインシュタインの言葉ではないとされているが、まぁ誰の言葉であっても本質を突いているのでご紹介してみた。

翻って慰安婦問題。

Poll_2018_Japan_ComfortWomen_Yomiuri
読売新聞の世論調査結果

読売新聞社は2018年1月12~14日、全国世論調査を実施した(有効回答数不明)。

この世論調査を見て、「あぁやっぱり日本の世論は韓国政府に反対なのだな」と感じているだけではダメだ。

♣目次

  1. 世論調査の問題点
  2. 慰安婦問題の合意問題をおさらい
  3. この問題、どう分析する?
  4. 私なりの解決策
  5. 参考: 海外メディアの報道

続きを読む: “あなたが日本の首相なら従軍慰安婦問題、どうやって解決する?”

ゴールデングローブ賞は操作されてる?

第75回ゴールデングローブ賞 (2018年1月受賞発表予定) のノミネートが12月11日に発表された。

テレビのドラマ最優秀作品賞ノミネートリストを見て、ビックリ!

  • THE CROWN, NETFLIX: Left Bank Pictures / Sony Pictures Television
  • GAME OF THRONES, HBO: HBO Entertainment / Bighead, Littlehead / Television 360 / Startling Television
  • THE HANDMAID’S TALE, HULU: MGM
  • STRANGER THINGS, NETFLIX: Netflix
  • THIS IS US, NBC: 20th Century Fox Television

気付いたかな?

Source: Best Television Series Drama – Golden Globe Awards

前年と比べて、5作品中4作品が同じってこと?

いやいや、それよりも大問題だよ。

正解は・・・

続きを読む: “ゴールデングローブ賞は操作されてる?”

相撲暴行事件に見る日本の内部告発の未熟さ

メディアで連日報道されている、横綱・日馬富士による暴行問題。メディアの取り上げ方に違和感覚えまくりなので、一般的な例を引き合いにして、どれだけ非常識なことをやっているのか考察してみた。

de784_1641_9875d1c0_7aa27e7c-cm
暴行を受けた貴ノ岩の頭のキズ
  1. 暴力沙汰で警察の世話になっている社員に営業活動を続けさせるアホ経営者
  2. 現場助勢罪(幇助)の容疑がかかっている社員も営業活動を続け、テレビに向かって演説
  3. 内部告発でリコール案件が明るみになった自動車メーカーの会長が、謝罪せず、取締役会も開かず、テレビ出演して内部告発者に対し「真実を会社に語って欲しい」と主張

こんな非常識な対応に似たことが、現実として起こっている。具体的に解説しよう。

続きを読む: “相撲暴行事件に見る日本の内部告発の未熟さ”

無効票でディスられた政治家たち

2017年10月22日、第48回衆院選挙が実施された。猛烈な台風が日本に上陸したにも関わらず、2014年12月の衆院選(前回)よりは1.02ポイント投票率がアップしたとのこと。
とは言え、戦後2番目に低い53.68%だ。

Source: NHK News Web

若者の投票率が低いと叫ばれて久しい。若者に投票を呼び掛けるポスターもよく見かける。

だけど、ふと思った。

いつも全国平均や世代別の投票率はニュースに流れるけど、地域毎にどれだけ違うのだろうか?

ということで、選挙区別に投票率を調べてみた。その過程で発見したのだが、

公明党が出馬した小選挙区は投票率が低いだけでなく、無効票が多い

という事実だった… しかも

小選挙区比例代表並立制を採用してから、無効票率が増えた

という事実まで発見。

いつも投票率だけ報じられるが、投票所に行ったけど小選挙区で無効票を投じた人の数を統計値として公表しているメディア記事を私は見たことがない。

ということで、独自視点で無効票を徹底的にデータ分析!

♣目次

  1. 無効票とは何なのか?(意図的な無効票が大半!)
  2. 無効票の割合はどれくらい?(2017年は150万票を超える!)
  3. なぜ無効票を投じるのか?(公明、対抗馬ナシの罪)
  4. 無効票ランキング(実名・選挙区レベルのミクロ分析)
  5. 総括・考察(小選挙区制を見直そう!)

続きを読む: “無効票でディスられた政治家たち”

学者の多くは「自衛隊は違憲だが改憲不要」のナゾ

憲法学者の7割が自衛隊は違憲だとしている

このフレーズを耳にしたことがある人もいるだろう。

自衛隊は違憲だから、学者の多くは改憲すべきだと思っていないだろうか?

だが実は、殆どの人がこの数字を誤解している。

違憲とした学者の9割は、憲法改正が不要と主張しているのだ

えええっ。どういうこと?

ということで、クラスター分析した結果をご紹介。

Raw Data Source: 朝日新聞が学者に実施したアンケート(2015年6月30日回答)

続きを読む: “学者の多くは「自衛隊は違憲だが改憲不要」のナゾ”

日焼け止め解説サイトの日米比較

日焼け止めについてネット検索すると、どのサイトにも必ず書かれている共通事項がある。

  • SPFが1アップするたびに、日焼け所要時間を20分遅らせることができる
  • 日焼け止めは、SPFの大小に関わらず、2~3時間おきに塗り直すべし
  • SPF 30程度で十分で、SPF 50を使うよりも、SPF 30をこまめに塗り直した方が良い

eye20160328_01

この3点に矛盾を感じたことがある人はいないだろうか?
1点目が正しいなら、SPF 30なら日焼けするまで10時間、SPF 50なら日焼けするまで16時間強かかることになる。
だが、2点目によると、日焼け止めの効果は2~3時間しか継続しないらしい。
理由は、汗や顔を手で触れる行為によって、日焼け止めが落ちてしまうからだという。
もしそうならば、SPFの数字の大小はどうでも良くて、むしろウォータープルーフか否かの情報の方がよほど重要だということになる。

そこで英語でネット検索して、その真相を究明してみた。
そして判明した。

日本語のコピペサイト、でたらめすぎるぞ!

続きを読む: “日焼け止め解説サイトの日米比較”

フランスの自動車規制報道

2017年7月上旬、フランスのマクロン大統領が

ガソリン車とディーゼル車を2040年までに全面禁止する

と発表し、日本でもメディアで大きく取り上げられた。

二酸化炭素規制を考慮し、この方針に踏み切ったとのことだが、日本のメディアは大切なことを報道し忘れている。それは

電気自動車の方が二酸化炭素排出量が少ないのは、フランス含む特定の国だけ

他国も同じことをやると、場合によっては二酸化炭素排出量が増える

という事実だ。

続きを読む: “フランスの自動車規制報道”

セスキ水とクエン酸水の都市伝説

エコ洗剤として、その万能性を最近評価されているのが、重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸だろう。

だが、いまいちその中身について理解されておらず、勝手に万能性が独り歩きしてしまい、昨今は間違った使い方がネット上で散見される。

特にセスキ炭酸ソーダ、クエン酸の2つは要注意だ!

ma-st08-640x224

警鐘を鳴らすためにも、2つの成分を徹底調査してみた。

続きを読む: “セスキ水とクエン酸水の都市伝説”

町内放送

都内のオフィス街から、首都圏のベッドタウンに引越して気づいたことがある。 ほぼ毎日のように、町内の拡声器(公共マイク)で 「〇〇さんが昨日から行方が分からなくなっています。見かけた方は警察署までご連絡下さい。身長は&#8 … 続きを読む: 町内放送

イメージソングがおかしい

平野ノラという女性芸人がいる。1980年代のバブリーなカルチャーを懐古するネタでヒットしている。

ただ、この懐古主義というのは、平野ノラのブレイクよりもずっと前からあった。それは、テレビ番組にちらっと使われる挿入歌(主に洋楽)だ。

たぶん選曲した人が昔聞いていて、気に入っていたので、テレビ番組に使っているのだろう。当時、好きな人とドライブデートでもした時にBGMにでもしていたのだろうか。音楽と思い出というのは、シンクロしやすい。

でーもーね。ちょっと待って下さいよ。その選曲、おかしいでしょ?とツッコミ入れたくなることがたまにあるのだ。メロディーは素敵だけど、歌詞が全くマッチしていないのだ。

全く役に立たないけど、どうしても備忘録として残しておきたくなったので、書き留めておこう。

続きを読む: “イメージソングがおかしい”