プレバト俳句まとめ (2019/01/03 冬麗戦決勝戦)

「プレバト俳句まとめ (2019/01/03 冬麗戦決勝戦)」への3件のフィードバック

  1. 推敲お疲れ様です。

    決勝の順位は
    1は2位より発想のレベルがかなり上
    2位は3位より季語を活かしている
    3位は4位より書き方をチャレンジしている
    4位は5位より発想力が上
    5位は6位より傷が無い
    6位は7位より情景が伝わりやすい
    7位は8位より意外性を作れている
    8位は9位より世界観が見える
    9位は…なんと言おうw

    あの発言に対する思いを「賛成・反対」など抜かさず「自問自答」に持って行って読者に想いを託す事をやってのける、これは東国原氏が勝って当然と言えるでしょう。

    2位の句も好きですね。
    皹が出来やすい私にとって、字面見るだけで水に触った時のあの痛みを思い出すのですw

    5位の句は…一言だけで。
    名人10段の発想では無い。「春の日=練り羊羹」並みの発想が欲しい…。まさか下位を恐れて置きに行ったとか…

    いいね

  2. 「いつる窓浮き上がる見知らぬ名前」は字余ではないでしょ。五五七ですが。「いつる窓浮き上がるは見知らぬ名」にすると字足らずになりますよね。その方が変じゃないですか?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中